« スクールデイズ最終回 速報 | メイン | 相撲ももう終わりだなー »

2007年9月28日

権利者公認イベント、今まで無かったのがおかしい位だ

“コミケの力”をアニメにも――“権利者公認”2次創作の祭典 (ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/25/news047.html

「アニメの2次創作、権利者と一緒にビジネス化しませんか」――アニメ製作会社の団体・日本動画協会は今秋、こんな趣旨の企画「アニメ・チャレンジオーディション」を行う。
著作権をがっちり守りながらビジネス展開してきたアニメ業界にとって、2次創作を広く許諾するという試みは異例だ。

「鉄腕アトム」「魔法の天使クリィミーマミ」「機動警察パトレイバー」「新世紀エヴァンゲリオン」など、動画協会会員企業が権利を持つアニメのキャラクターやストーリーを広く開放。Flashアニメ、漫画、キャラクター商品、ビジネスアイデアといった2次創作を7~8月に募集した。

(略)

コミケでは、権利者の許諾を得ていない2次創作漫画が大量に流通する。
「出版社も見て見ぬふりをしているのだろうが、それならむしろ積極的に認めてやり『ここなら2次創作を作ってもいいよ』 という場を作った方がいいのでは」――
清水さんはそう考えて「OPEN POST」の企画を練り、今年初開催となるJAMでも2次創作を募集することにした。

JAMは、経済産業省と民間が共同で開催するコンテンツ関連イベント「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」(CoFesta)の1つだ。

(略)

これは良い試みだね。ってゆーか遅すぎる位でしょ。電通様もアニメ製作会社からばっかり搾取してないで、二次創作やってる連中からどんどんマージンを取るようにすれば良いんだよ。もしかしたらまだ誰も手をつけてないもの凄い金の鉱脈ですよ?

例えばガレージキット等の立体物に関しては、今はワンフェスでちゃんと期間限定で版権を取ってイベントを開催し、許可を得たサークルが販売するって仕組みがちゃんと出来てるんだから。ワンフェスも昔は野放しだったけど、その頃でさえハッキリと作品名やキャラ名を出しては売れない厳しさがあって、何でコミケだけ野放しなの?ってのは大昔から言われてた話だ。とてもアニメ業界が今まで「著作権をがっちり守りながら」やって来たようには見えないよ(苦笑)。逆に言えば、今後このイベントを通さずに売ってるものは全部違法物扱いしても良いって事だよね。面倒だからと放任しないでどんどん取り締まって欲しいものだ。著作権違反の非親告化は流れちゃったみたいで残念だよ。

まぁ確かに企業主催となるとエロは全滅、イメージを著しく損なうものも不可だろうから、売れる作品がそれ程出てくるとは思えないって言ってる人も多いね。自分もその通りだと思ってるけど、もしこの程度の縛りで作品が激減するのだとしたら、所詮は同人作品自体がその程度のものだったって事。著作権者から黙認された、犯罪スレスレの馴れ合いと集団オナニー以上のものでは無かったと考えてるよ自分は。実に日本人らしいっちゃらしいけどね。

中間搾取とかほざいてる連中は脳味噌沸いてんのか?著作権者が二次創作物の儲けに対してマージン取るのはどこの世界でも当たり前の話なんだが。今までお目こぼしで黙認されて来ただけなのに、それをいつの間にか当然の権利と勘違いしてる馬鹿がほんと多いんだよな。既得利権にすがりついてるチョンや部落民と全く一緒。現状の、他人の著作物を無断利用した二次創作物(それも大手は99%エロ)で自分一人がボロ儲けしてる現状がおかしいんだろうが。そんなに中抜きが嫌だったら素直にオリジナルで勝負しろよクズ^^

「これで同人は滅ぶ」とかアフォかと。黙認されて来たのが黙認されなくなった。それって何か問題あるわけ?たかだか二束三文のマージンを収めたり著作権者の検閲が嫌で滅ぶような犯罪行為を長年続けて来たのなら、潔くさっさと滅んで欲しいんですけど? 「月姫」や「ひぐらし」みたいにオリジナルで勝負してる作品は今後も全く問題無いわけだし。
仮に二次創作のエロ同人が壊滅して、それでもオリジナルで生き残って売れる人こそが本物だろうな。そう言う人間が大勢出て来て初めてコミケが「新しい才能の発揮の場(笑)」として認められるだろう。今はただの違法エロ本市場でしかない。
勿論今でもオリジナルオンリーの即売会は存在するが、そのイベントの規模を見る限りではなかなかそういう人間は少なそうだけどね。そりゃそうだ、本当にオリジナルで売れる自信があるんだったらいつまでも同人に留まっては居ないよ。普通は素直にプロになってるからな(苦笑)。

実際にもしこの動きが本格化した場合でも、エロ含め何でもOKにする企業や作品のクリエイターはきっと沢山出て来ると思うしな。そうやって許して貰えた作品でだけやってればいいじゃん。容認してくれた作者や企業に感謝の気持ちを忘れずにな。あと当然金銭面はクリアーに、マージンはキチンと収めろよ。

投稿者 wata : 2007年9月28日 23:58

コメント(3)

結局は同じ畑の仲間意識による馴れ合い的な所があったんでしょうね
現職アニメーターが同人誌で食ってる現状だったり本末転倒な感も有るし

最低でも5割以上はエロな現状で公認も何もないでしょうけど(笑

コミックマーケットは久しく足をはこんでいませんが、
あれだけの規模になっているのに著作権者に
なんの見返りもないのは確かに疑問ですね。

かといって、JASRACの様にMIDI文化が壊滅
するような締め付けと、著作権者に見返りが
行っていないような疑念を持たれるような
運営にはして欲しくない。なんとか
バランスを持って互いによい方向に
向かってくれると良いのですが。

>S川さん
アニメータと売れない漫画家と売れないCG描きは、コミケの収入が生命線の人達
も沢山居そうですよね。まぁ食うためなら犯罪犯しても良いってわけでもないので、
ある日突然エロ同人が売れなくなっても路頭に迷うことの無いようにして欲しい
ものですが。

>杉山明さん
自分もコミケには行かなくなって10年近く経ちますが、相変わらずウロボだのカッタ
だのって単語が聞こえてくると、売れ線はやっぱりエロ&二次創作であり、エロ本市場
と言う本質は何も変わって無いのかなと思っています。まぁ最近は他にも自分の
知らない大手が沢山居るとは思いますけど、やってる事は同じでしょうし。

企業ブースなんかも出来て、既にヤクザとかがこっそり食い込んでるんじゃない
のかな…なんて妄想をしてしまいます。もう昔と違って逮捕者や暴力事件・殺人事件
が起きてもそうそう簡単にコミケは潰れないんじゃないのかもと思ってますし。

確かにMIDI並みの締め付けは厳しすぎると思うので、変な管理団体を作って利権の
温床にされるよりは、双方にとって良い落としどころが見つけられると良いんですが。
今はあまりにも二次創作やってる側に甘過ぎですけどね。

コメントする